赤ちゃんの居るご家族は、大判風呂敷がおすすめです。

大判風呂敷はスリングとして活用できます。
スリングとは抱っこひもの一種で、お父さんお母さんにも赤ちゃんにも負担が少ない点がスリングの魅力です。

夏場は抱っこひもだととても暑く、赤ちゃんも暑いため汗をよくかくため、すぐに拭き取らないと汗疹の原因にもなります。
そんな夏場こそ、大判風呂敷を活用すると良いでしょう。

スリングの作り方は簡単で、大判風呂敷を帯状に畳んで結び、先にたすきがけにしてから赤ちゃんを乗せ、安定させるために赤ちゃんのお尻の部分を広げて完成です。
作り方のポイントは、お尻の部分を広げる調整が必要なので広げやすいように畳むこと、肩が痛くならないように結び目は肩より前(胸上)にします。

大判風呂敷の素材は、綿製が最適です。
綿製は肌触りが良く赤ちゃんに低刺激であることと、綿製は汗の吸収性があるためです。
簡易な作り方なので、手は必ず添えてあげて下さいね。