納得のいくマンションを借りるのを果たすには、安心感のある不動産業者の選択がカギといえます。
不動産会社とのトラブルを避けるためにも、会社の良し悪しを判断できるようにしておきましょう。

やり方としてはや物件広告や住宅情報誌から判断することが可能で、マンションを借りる時の業者選びで役に立つ豆知識と言えますが、これに当てはまるのは不動産会社の免許証番号に目を向けることです。
不動産会社名が広告に記載されていますが、ここに目を向けると業者票が表示されています。

例えば「国土交通大臣(2)第12345号」といった感じです。
「国土交通大臣」と表されている箇所は、営業所が幾つかの都道府県に所在することを意味しているので、「東京都知事(2)第12345号」という表示もあります。

免許番号の()部分は更新回数の数字が書かれていますが、5年に一度更新するので、(2)と記載されている場合は6~10年の営業期間が経過していると判断できます。

その不動産会社に宅建業法や関連法規違反があれば更新はできないので、更新していることは健全な経営をしている証と言えます。
免許証の場合は、不動産会社へと足を運ぶと誰でも目につきやすい目立つ場所に掲示されているため、事務所に入ったら、まずチェックしましょう。

加えて、宅地建物取引協会などの業界団体に入っているか否かも、判断の目安になるでしょう。
安心できる業者からマンションを借りるためにも、この程度のチェックは怠らないようにしましょう。

事務所に行った際には、不動産会社やスタッフの雰囲気も確認したいところです。

焦らせる、押し売りをする、強引に下見させようとしたり、下見をゆっくりさせてくれないなど、対応に納得がいかなかったら、その場での契約は控えた方がよいでしょう。